愛知県岡崎市のネイルサロン・ネイルスクール・フットケア・巻爪・深爪・魚の目・ボディアート・ボディジュエリー・タトゥカバーなら 【LOVE OASIS from Art Jungle】
LOVE OASIS ブログ

HOME >> ぷるぷるトーク >> 自然療法フットケア

ぷるぷるトーク

足のアーチの改善 ~自然療法フットケア~

★足は自分の力で改善できる★

 

 

 足のアーチって何?

っていう方に 軽く解説。

 

足の裏には、3つのアーチ構造があって、

そのアーチが、歩くときの「体の衝撃」を 緩和しています。

 

最近は、誤った靴選びや 歩き方によって

アーチが低下、 または 消失し

関節痛などの さまざまなトラブルの原因の

一つになっています。

 

 

 

続きを読む>>

自然療法フットケア コース終了!

★扁平足緩和!!&外反母趾も穏やか!!に★

 
 
 先日、「自然療法フットケア」の コースを終了された方の お話でっす!


 一般的に、外反母趾は一度なったら 手術になるまで
放置している人が 多いようですね。

 でも、手術待ちって どうなのかしら~ 。

 悪くなるのを 待つ。

 ♪私 待~つ~わっ。

 いつまでも 待~つ~わっ。♪

 って あみんの「待つわ」に のせてみようと思ったけど

 あまりの 歌詞の遠さに 苦しくて、断念・・・

     ↑
  てか、古すぎでしょっι


 話を戻しまして、
 先日 「自然療法フットケア定期コース」を 終了された方の
フットプリントです。

フットプリント ビフォー アフター

右側の足が フットチェック時の フットプリント。

左側の足が 自然療法フットケアコースが 終了時 のフットプリント。

 いずれも、左足です。

比べてみてください。

 


続きを読む>>

歩き方で、足は変えられる。

★ウォーキングセラピー★


 先日、お休みをいただき 東京で自然療法の授業を受けてまいりました。

ちょうど気候が良く、新幹線は混み、サウナ状態(笑)。

 仕事を終えてから、東京へ向かったため

着いたのは、夜11時半位で、夜の神田は真っ暗。

 なのに、飛び交う会話は 英語、英語、英語。

日本なのに、ちょっと 怖かった・・・。神田、凄い!

 

久しぶりに 自然療法の創始者、福井代表の授業を受けてきました。

授業に参加の方も、とても一生懸命で、気持ちの良い授業でした。
P1150450 ブログサイズ.jpg
福井先生、今回もありがとうございました。


さて、本題に戻り、

自分の足のことを考えられたこと ありますか?

私は、開業当時、いえ それ以前のセラピストの時代から

足のトラブルには 何かと縁がありました。

そして、タコやウオノメ、巻爪ケアを 行ってきました。

その多くは 軽&重度含め、親指が外反していたり

小指側が 内反しています。

 

続きを読む>>

足のアーチが復活傾向!!!

★ウォーキングセラピーで足裏アーチが育っていく★


 お客さま手編みのアクリルスポンジ こちら、手編みの
アクリルスポンジ。

よくスーパーなどで売っているのを
見かけますが、

今回は、手編みを 頂きました!

左が パイナップルで
右が いちご。

グラスを洗うと
茶渋も 取れるのだそうです。


kyokoさま!!ありがとうございます。
さっそく 使ってみます。

でも ちょっと もったいなくて 使えないかも・・・(笑)。

さて、今日の内容は 自然療法フットケア。

続きを読む>>

カテゴリー
最新のエントリー
アーカイブ
ネイルサロン
ネイルサロン
  • 初めての方へ
  • お悩み解決
  • お得なコースメニュー
  • ブライダルメニュー
  • ネイルフォトギャラリー
  • Q&A
  • アクセスマップ
フットケア専科
自然療法フットケア
  • 巻爪ケア
  • たこ&魚の目ケア
  • アーチテーピング
  • レッグスリミングアロマ
  • ウォーキングセラピー
  • シューズセラピー
  • 総合専科(自然療法フットケア)
  • よくあるトラブル
ボディデコレーション
ボディデコレーション
  • ボディジュエリー
  • 3Dボディジュエル
  • ボディペイント
スクール
スクール
  • ネイルスクール
  • ボディアートスクール
  • カルチャースクール
エイジングケア
エイジングケア
  • フェイシャルケア
  • スタイルケア
カスタマーズボイス お客様の声
ネイルコレクション(ネイルコンプレックスの補正)
ぷるぷるト?ク
お問い合わせはこちら スカルプチュア&フットケア専門店 ネイルスタジオ LOVE OASIS from Art Jungle